現在の看護師の労働環境

現在の看護師の労働環境

現在では、看護師の人員不足による数々の問題が懸念されている。看護師不足による影響は、一人ひとりの仕事に対する責任が重くなったり、集中力の持続が困難なったりと様々だ。結果、看護師の質が低下してしまい、医療ミスや事故の危険が高まるなどのリスクも生じる。このように、労働環境が悪くなると、勤務時間の長時間化などによって身体や精神的に負担がかかり、退職する人が増えてさらに労働環境が悪くなる悪循環が生まれてしまう。

職場の看護師が少なくなると、患者のたらいまわしが起きる可能性も高い。これは、看護師が不足して緊急時の対応ができなくなることで、救急で運ばれてきた患者を受け入れられず、他の医療機関へ搬送することを指す。しかし、次の搬送先でも同じように看護師が不足していた場合には、また別の医療機関へ搬送する必要があり、必要な処置を行うまでの時間がかかり過ぎてしまう。看護師が不足してしまうと、院内だけでなく、患者に適切な処置を早急に行えないという深刻な問題につながるのだ。しかし、この看護師不足を解消させるべく国が行っている対策として、再就職支援プログラムがある。医療現場から長期間離れていたことでブランクが生まれ、現場復帰を行うことが不安な潜在看護師を対象としたものだ。長期間のブランクの中で忘れてしまった医療や看護の知識、離職期間の内に導入された新しい医療技術を学ぶことで、再就職の不安を解消することが目的とされている。こうして、再び看護師として働き続けることができるようになるのだ。